mixhostでは、LiteSpeed CacheをはじめとするWordPress高速化機能をご利用いただけます。

LiteSpeed Cacheについて

LiteSpeed Cacheとは、LiteSpeed Webサーバーで利用できるキャッシュ機能です。
非常に高速かつ高性能で、キャッシュを有効にする事により、導入前と比較して数十倍〜数百倍程度、圧倒的に高速化する事が可能です。
また、サーバーの負荷が低くなる為、アクセス集中時にも安定してご利用いただけるようになります。

LiteSpeed Cacheを利用するには、WordPressプラグインを導入するだけで簡単にご利用いただけます。

導入前の注意事項

  • 一般的なキャッシュプラグイン(WP Super Cache、W3 Total Cache、WP Fastest Cacheなど)を既に導入している場合は、LiteSpeed Cacheを導入する前にアンインストールする必要がございます。

WordPressプラグインの導入方法

1)WordPressの管理画面にログインし、左側のプラグインにカーソルを合わせ、その横に表示される新規追加をクリックします。

2)右上の検索窓に「LiteSpeed Cache」と入力し、検索します。

3)LiteSpeed Cacheが表示されたら、枠内の今すぐインストールをクリックします。

4)インストールが完了したら、プラグインを有効化をクリックします。

6)プラグインを有効化しました。と表示される事を確認します。以上でプラグインのインストールは完了です。LiteSpeed Cacheは既に有効となっています。

エラーメッセージが表示された場合

「LiteSpeed Cache was unable to write to your wp-config.php file. Please add the following to your wp-config.php file located under your WordPress root directory: define(‘WP_CACHE’, true);」というエラーメッセージが表示された場合、下記手順に従って操作を行って下さい。手順が完了していないとキャッシュは有効になりません。

1)FTP、もしくはファイルマネージャーから、WordPressをインストールしたディレクトリに存在しているwp-config.phpを開き、編集可能な状態にします。

2)ファイルの下の方にある、下記いずれかの行を探します。

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */
/* That's all, stop editing! Happy blogging. */

3)上記行の1つ上の行に、下記を記述します。

define('WP_CACHE', true);

※上記行がすでにwp-config.php内に存在している場合は、さらに追記する必要はございません。

4)編集が完了したら、ファイルをサーバー上に保存します。

※設定方法が分からない方はサポートまでご連絡下さい。設定を代行させていただきます。

WordPressプラグインのおすすめ設定

上記手順でプラグインをインストールいただきましたら、LiteSpeed Cacheをご利用いただける状態となっておりますが、より快適にご利用いただく為、下記設定をご確認下さい。

1)左側のLiteSpeed Cacheにカーソルを合わせ、その横に表示されるSettingsをクリックします。

2)設定画面が表示されます。おすすめの設定は下記の通りです。

  • Enable LiteSpeed Cache
    キャッシュのON/OFFを設定します。キャッシュを有効にする場合は、Enableにチェックを入れて下さい。プラグインをインストール後はデフォルトでEnableに設定されています。
  • Enable Separate Mobile View
    レスポンシブ非対応のテーマなど、PCとスマートフォンで表示を切り替える必要がある場合はチェックを入れます。良く分からない場合はチェックを入れて下さい。
    PCで表示しているのにモバイル向けサイトが表示される、スマートフォンで見ているのにPC向けサイトが表示される、などの不具合が発生している場合は、有効にすることにより解消いたします。
  • List of Mobile View User Agents
    上記「Enable Separate Mobile View」を有効にした場合、モバイルからのアクセスを識別する為のUser Agentを設定します。内容を削除しないで下さい。基本的には初期設定で問題ありません。

上記をご設定いただきましたら、下部の変更を保存ボタンをクリックし、設定を保存して下さい。

WordPressプラグインの設定詳細

 

設定画面の詳細設定につきまして、下記の通りとなっております。

  • Enable LiteSpeed Cache
    キャッシュのON/OFFを設定します。Enableにチェックを入れるとキャッシュが有効になります。
  • Default Public Cache TTL
    ページのキャッシュ時間を秒で設定します。初期設定で問題ありません。設定可能な最小値は30秒になります。
  • Default Front Page TTL
    ページのキャッシュ時間を秒で設定します。初期設定で問題ありません。設定可能な最小値は30秒になります。
  • Default Feed TTL
    Feedのキャッシュ時間を秒で設定します。初期設定で問題ありません。30秒以下に設定した場合、Feedはキャッシュされません。
  • Enable Cache for Commenters
    コメントのキャッシュのON/OFFを設定します。初期設定で問題ありません。
  • Enable Cache for Login Page
    ログインページのキャッシュのON/OFFを設定します。初期設定で問題ありません。チェックを外すとパフォーマンスが悪化する場合があります。
  • Cache favicon.ico
    favicon.icoのキャッシュのON/OFFを設定します。初期設定で問題ありません。ほとんどのWebブラウザでは自動で呼び出される為、キャッシュする事によりパフォーマンスを向上させることができます。
  • Enable Cache for PHP Resources
    PHPリソースのキャッシュのON/OFFを設定します。初期設定で問題ありません。一部のプラグインやテーマは、アクセスの度にPHPを実行し、リソースを追加します。これらをキャッシュする事により、不必要なPHPの呼び出しを回避することによって、パフォーマンスを向上させることができます。
  • Enable Separate Mobile View
    モバイル向けのキャッシュのON/OFFを設定します。レスポンシブデザインのWebサイトではない場合、チェックを入れる事をおすすめします。
  • List of Mobile View User Agents
    「Enable Separate Mobile View」を有効にした場合、モバイルからのアクセスを識別する為のUser Agentを設定します。基本的には初期設定で問題ありません。

設定が分からない方へ

LiteSpeed Cacheの設定が分からない方は、弊社にて推奨設定を代行して設定させていただきます。
ご希望の方はサポートまでお気軽にご相談下さい。