mixhostでは、SSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料でご利用いただけます。
SSLに対応したWebサイトを公開する事により、セキュリティの向上やSEO対策などに効果が期待できます。
また、mixhostではHTTP/2に対応していますので、SSLに対応する事により、表示速度の高速化も行えます。

独自ドメインでSSLを利用する場合

1)cPanelにログインし、独自ドメインを追加し、ネームサーバーを変更後24~72時間お待ち下さい。

※少しでもSSL証明書の発行を早くしたい場合は、先にネームサーバーを変更し、1時間程度お待ちいただいてから独自ドメインを追加して下さい。

2)WebサイトのURLを、下記のように変更します。

http://www.example.com/ → https://www.example.com/

※SSL証明書のエラーが発生する場合は、設定が完了しておりません。48時間が経過してもエラーが発生している場合は、サポートまでご連絡下さい。

3)必要に応じて、Webサイト内のリンクを修正すれば対応完了です。

初期サブドメインでSSLを利用する場合

1)サーバーアカウントを登録後、24〜72時間お待ち下さい。

2)WebサイトのURLを、下記のように変更します。

http://example.mixhosted.net/ → https://example.mixhosted.net/

※SSL証明書のエラーが発生する場合は、設定が完了しておりません。48時間が経過してもエラーが発生している場合は、サポートまでご連絡下さい。

3)必要に応じて、Webサイト内のリンクを修正すれば対応完了です。

WordPressのSSL対応方法

WordPressのSSL対応設定はこちらをご参照下さい。

注意事項

  • ドメイン認証型SSLとなります。
  • ネームサーバー変更前のドメインにつきましては、SSL証明書が発行されません。
  • ネームサーバー変更を伴う場合、通常よりもSSL証明書の発行に時間がかかる場合がございます。
  • 短期間で大量のドメインを追加された場合は、反映に24〜72時間以上かかる場合があります。
  • ドメイン名及びドメイン追加時に自動設定されるサブドメインが64文字を超えている場合、無料独自SSLはご利用いただけません。
    ドメイン追加時に自動設定されるサブドメインが64文字を超えている場合は、サブドメインを短いものにご変更下さい。
    特に日本語ドメイン(Punycode)での設定は、文字数をオーバーしてしまう場合がございますのでご注意くださいませ。