独自ドメインを追加する方法をご紹介します。
あらかじめドメイン管理会社でドメインを取得後、ご設定下さい。

独自ドメインの追加

1)cPanelにログインします。cPanelへのログイン方法はこちらをご参照下さい。

2)独自ドメインを追加します。ドメインアドオンドメインをクリックします。

3)新しいドメイン名を入力します。サブドメイン、ドキュメントルートについては、入力欄をクリックすると自動的に入力されます。通常はデフォルトのままで問題ありません。入力が完了したら、ドメインの追加をクリックします。数分程度時間がかかり場合がありますので、そのままお待ち下さい。

  • 新しいドメイン名
    利用したい独自ドメインを入力します。wwwを付ける必要はありません。
    ※日本語ドメインをご利用される方は、Punycodeで入力する必要があります。Punycodeが不明な場合は、http://punycode.jp/に日本語ドメインを入力することにより、変換する事ができます。
  • サブドメイン
    「サブドメイン.初期ドメイン」でもアクセス可能なアドレス設定します(例:subdomain.example.mixh.jp)。このサブドメインは必須です。移行作業中の確認などに便利です。独自ドメインのサブドメインではありませんのでご注意下さい。
  • ドキュメントルート
    Webサイトデータをアップロードするフォルダを選択します。ドメイン毎に別々のドキュメントルートを設定する事により、複数のドメインで別々のWebサイトを運用できます。
    フォルダの場所に制限はございませんので、使いやすいフォルダをご自由にご指定下さい。良く分からない場合は初期状態のままご利用下さい。
  • このアドオンドメインに関連付けるFTPアカウントを作成します。
    Webサイト毎に別のFTPアカウントでWebサイトデータをアップロードしたい場合などに選択します。例えば、Webサイト毎に管理者が異なる場合などにご利用できます。通常はチェックを入れる必要はありません。

4)設定完了画面が表示されたら、独自ドメインの追加は完了です。

5)独自ドメインの追加が完了したら、必ずドメインのネームサーバーを弊社指定のものに変更して下さい。

ネームサーバー1 ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2 ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3 ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4 ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5 ns5.mixhost.jp

※ ネームサーバーが2つしか設定できない場合は、ネームサーバー1とネームサーバー2を設定して下さい。

ドメイン管理会社別のネームサーバー変更方法については、こちらをご確認ください。

エラーが表示された場合

  • ドメインの DNS エントリ “example.example.mixh.jp” は既に存在します。
    サブドメインに設定された設定がすでに存在する場合に表示されます。
    アドオンドメイン追加時に、サブドメインを変更する事によりエラーを回避する事ができます(例:example→example2など)。
    この問題は、例えばexample.comとexample.netなど、TLD違いのドメインを1つのアカウントで管理する場合に良く発生します。