mixhostでは、従来のFTPの他に、通信を暗号化しセキュリティを向上させる事のできる、FTPSSFTPSCP、及び従来のFTPに対応しております。
ここでは、Windows、及びMacの主要FTPソフトウェアにおいて、FTPSを利用した場合の設定を紹介します。
※FTPS以外の暗号化方式として、SFTP、SCPをご利用いただく場合は、事前にcPanelよりSSHキーの追加が必要です。

Windows

FFFTP

FFFTPは歴史の長いFTPソフトで、一度開発が終了しましたが、現在では有志によるバージョンアップが行われており、FTPSにも対応しました。
ダウンロードはOSDNのFFFTPプロジェクトより行えます。

1)FFFTPを起動します。

2)ホスト一覧ウィンドウが表示されますので、新規ホストをクリックします。

3)ホストの設定ウィンドウが表示されます。ここでお客様の情報を入力します。入力が完了したらOKをクリックします。

スクリーンショット_2016-04-17_21_55_44

  • ホストの設定名
    任意の設定名を入力します。特に指定はありませんので、分かりやすい名前を入力します。
  • ホスト名(アドレス)
    お客様のFTPS / SFTP / SCPホスト名を入力します。
  • ユーザー名
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているユーザー名を入力します。
  • パスワード
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているパスワードを入力します。
  • ローカルの初期フォルダ
    任意の項目です。お客様のWebサイトのデーターがあるフォルダを指定します。
  • ホストの初期フォルダ
    任意の項目です。public_htmlを入力すれば初期状態でWebサイトをアップロードするフォルダが表示される為、便利です。

4)ホストの設定ウィンドウ上部の暗号化タブをクリックします。

5)FTPSの設定を行います。図のように、暗号化なしで接続を許可FTPS (Impact)で接続チェックボックスを外します。その後、OKをクリックします。

スクリーンショット_2016-04-17_21_57_02

6)ホスト一覧ウィンドウに戻ったら、先ほど設定したホストの設定名を選択し、接続をクリックします。

スクリーンショット_2016-04-17_21_57_38

7)証明書の確認ダイアログが表示されたら、検証に成功:はいと表示されている事を確認し、下部のはいをクリックします。

スクリーンショット_2016-04-17_21_58_02

8)暗号化の状態の保存ダイアログが表示されたら、はいをクリックします。

スクリーンショット_2016-04-17_21_59_10

9)接続が完了すると、ファイルの一覧が表示されますので、右側のpublic_htmlをダブルクリックします。なお、設定でホストの初期フォルダpublic_htmlを設定した場合は、この項目を無視して次の項目をご参照下さい。

スクリーンショット_2016-04-17_22_10_25

10)public_htmlフォルダに移動が完了しました。Webサイトのデーターはこのフォルダにアップロードして下さい。なお、初期状態で存在しているcgi-binフォルダは不要な場合削除しても問題ありません。

スクリーンショット_2016-04-17_22_10_34

FileZilla

ダウンロードはFileZilla プロジェクト日本語トップページ – OSDNより行えます。

1)FileZillaをダウンロードし、インストールを行います。

2)FileZillaを起動します。

3)ファイル > サイトマネージャー を選択します。

4)「新しいサイト」ボタンをクリックし、任意の名前を入力します。

5)FTPSの接続設定にお客様の情報を入力します。

  • ホスト
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているFTP接続情報のFTPSホスト名を入力します。
  • プロトコル
    FTP – ファイル転送プロトコルを選択
  • 暗号化
    使用可能なら明示的な FTP over TLS を使用を選択
  • ポート
    21(省略可能です)
  • ログオンの種類
    通常を選択します。
  • ユーザー
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているFTP接続情報のユーザー名を入力します。
  • パスワード
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているFTP接続情報のパスワードを入力します。

6)詳細タブをクリックし、規定のリモートディレクトリに/public_htmlを入力すれば初期状態でWebサイトをアップロードするフォルダが表示されます。

7)設定が完了したら、接続ボタンを押します。
不明な証明書ダイアログが表示されますので、今後もこの証明書を常に信用するにチェックを入れ、OKボタンを押します。

8)接続が成功すると、図のように表示されます。
暗号化通信されている場合、下部に鍵マークが表示されますのでご確認ください。

 

WinSCP

ダウンロードはWinSCP 窓の杜より行えます。

1)WinSCPをダウンロードし、インストールを行います。

2)WinSCPを起動します。

3)「新しいサイト」にお客様の情報を入力します。

  • 転送プロトコル
    FTP を選択
  • 暗号化
    明示的なTLS/SSL暗号化を選択
  • ポート名
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているFTP接続情報のFTPSホスト名を入力します。
  • ポート
    21
  • ユーザー名
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているFTP接続情報のユーザー名を入力します。
  • パスワード
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているFTP接続情報のパスワードを入力します。

 

デフォルト設定で、/public_htmlディレクトリを設定したい場合は、設定 > ディレクトリを選択し、リモートディレクトリに「/public_html」と入力してください。

設定が完了したら、保存ボタンを押します。

セッション保存名に任意の情報を入力し、OKを押します。
パスワードを保存にチェックを入れておくと、次回も情報が反映されます。

4)上記で設定した接続先にログインします。

5)接続が成功すると、図のようにディレクトリが表示されます。
暗号化通信されている場合、下部に鍵マークが表示されますのでご確認ください

 

 

 

Macintosh

Transmit 4

1)Transmit 4を起動します。

2)メニューのFTPを選択し、左下の+マークをクリックします。

3)お客様の情報を入力します。入力が完了したら保存をクリックします。

  • 設定名(mixhostと入力されている部分)
    任意の設定名を入力します。特に指定はありませんので、分かりやすい名前を入力します。
  • 保存先
    任意の保存先を選択します。標準のお気に入りでも問題ありません。
  • プロトコル
    FTPS (TLS/SSL) を選択します。
  • サーバ
    お客様のFTPS / SFTP / SCPホスト名を入力します。
  • ユーザ名
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているユーザー名を入力します。
  • パスワード
    ご登録時に送信される、【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載されているパスワードを入力します。
  • パッシブモードで接続
    パッシブモードで接続にチェックを入れます。

4)登録した設定をダブルクリックして接続します。

名称未設定

※エラーが発生して接続できない場合は、Transmit 4が最新バージョンかどうか確認して下さい。古いバージョンのTransmit 4で接続できない現象を確認しております。

5)接続が完了すると、ファイルの一覧が表示されますので、右側のpublic_htmlをダブルクリックします。

6)public_htmlフォルダに移動が完了しました。Webサイトのデーターはこのフォルダにアップロードして下さい。なお、初期状態で存在しているcgi-binフォルダは不要な場合削除しても問題ありません。